5×緑ニュース

1995年に竣工したアクロス福岡が昨夏SNSで話題になりました。
いわゆる「バズる」という現象。完成から25年も経って話題になる建築もあるのか、と驚きました。

そのアクロス福岡をめぐる対談が「新建築10月号」に掲載されています。

新建築表紙.jpg

25年経過後に実証されたことがいくつもあって興味深く拝読しました。

・当初植栽した樹種76種類が今は200種を越え、植生が豊かになり都市の生物多様性に貢献していること

・アクロスの緑は植物の蒸散の気化熱冷却によって、コンクリート面と比較して20°C以上の温度差があること。その冷却された空気が下降してヒートアイランドの緩和に貢献していること

・アクロス福岡は、一般的なビルの排水の標準ではなく「山が持つ排水システム」を取り入れており、それが有効に機能して水のオーバーフロー等がなかったこと

・防水については、植栽基盤下に空気層を設けることで、当初心配された植物の根の防水層への侵入は全く見られなかったこと

・風による倒木被害がないこと

・樹木の成長による荷重負担を検証するため、2014年に木の重さを算出したところ、アクアソイルを使うことで根の部分が少なく軽いので、地植えの木よりも軽いことが検証されたこと

アクロス福岡の計画当時は、屋上緑化に対する知見も少なく、新しい挑戦の連続だったと想像されます。
計画の経過を拝見していると、施主も設計もそこに果敢に挑戦していることに驚かされます。同時に、設計理念とそれを実現可能にする技術、そしてこの25年間、途切れることなく設計者が建物の管理に継続的に関わってきたことが、アクロス福岡の成功の要諦であったように思います。

この対談に寄せて基本構想を立案したエミリオ・アンバーツの言葉が印象的でした。

「私にとってこの建物は、『建物は都市に、緑樹は郊外に』という支配的な概念が、不健全な誤解であることを示す明確な証拠なのです」

01.jpg
1995年竣工時のアクロス福岡(本誌9507)。写真手前に天神中央公園。撮影/新建築社写真部

02.jpg
2017年の植栽の育った様子。植生は76種から200種へと増えてる。撮影/日本設計

5×緑は、年末 12月26日(土)から年始1月11日(月)までお休みいたします。

期間中にご連絡いただいた件につきましては、1月12日以降順次対応させていただきます。

本年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

AGFフィールド(味スタ西競技場)「みどりの広場」の冬の選択除草が、
12月17日(木)に開かれます。(主催プランタゴ / オフ キャンパス)


「みどりの広場」には、今では稀少な武蔵野の野の花がたくさん植えられており、
それらを残しながら外来種を中心に除草します。

講師は植物調査の専門家、荒井浩司さんです。

寒さ対策、雨対策をしっかりしてご参加ください。

※詳細は下記をご覧ください。
OFF CAMPUS 55回20201217 DS .pdf


参加ご希望の方は「選択除草参加希望」として、以下をご記載の上、
メール(event@5baimidori.com)でお知らせください。

・お名前
・所属
・メールアドレス
・電話番号

IMG_8039s.JPG

5×緑の「里山ユニット」定番ラインナップに新しく「ベランダモデル」が加わりました。

1_IMG_2668.jpg

これまでもテラスやベランダに並べて置くための標準モデルはあったのですが、宅配できない大きさのため随分と配送料がかかっていました。

そこで、宅配できる(通常宅配ではなく大型便になりますが)サイズにして、新しくできたのが「ベランダモデル」です。
近く個人向けサイトを開設予定で、そのサイトで正式デビューします。

2_IMG_2658.JPG

事前に関係者宅に置いてみました。
以下はSNSにあげた投稿です。


*******
我が家に里山ユニットの「ベランダモデル」がやってきました。

うちに来たユニットの主役はクヌギ。
送り出したときは蕾だった桔梗や撫子がちょうど花を咲かせてくれました。
段ボールの中が暖かかったのかな。
ムラサキシキブの色も鮮やかです。

朝カーテンを開けると、この草木がまず目に入り、ほっこりします。
一瞬で通り過ぎる小さな喜びですが、確かな喜びでもあり、日々のはじまりをよきものにしてくれると思っています。

IMG_2680.jpg
3.jpg
4.jpg


外来種を除いて在来種を残す選択除草を続けている「みどりの広場」。
10月3日野土曜日に、秋のプログラム(造園CPD認定)が実施されました。
これまでの選択除草で確認された在来種は115種類に上ります。

園内は今やチカラシバとキンエノコロ、そして虫たちの王国になっていました。

image0.jpeg

波打つようなチカラシバの合間にオミナエシが顔を出し、カントウヨメナやミズヒキの群生が草原に色を添えています。

IMG_2472.jpg

IMG_2501.jpg

IMG_2523.jpg

今回は、チカラシバの一部を刈りとって少し開けた場所をつくりました。

IMG_2455.jpg

今回から通常通り土曜日の開催に戻ります。

AGFフィールド(味スタ西競技場)「みどりの広場」の秋の選択除草が、
10月3日(土)に開かれます。(主催プランタゴ / オフ キャンパス)

「みどりの広場」には、今では稀少な武蔵野の野の花がたくさん植えられており、
それらを残しながら外来種を中心に除草します。

講師は植物調査の専門家、荒井浩司さんです。

少しづつ秋らしい風が吹いてきたこの頃、
ミズヒキ、ミソハギ、オミナエシなどなど、秋に咲く花を愛でませんか。

※詳しくはこちらをご覧ください。
OFF CAMPUS 54回20201003.pdf

参加ご希望の方は「選択除草参加希望」として、以下をご記載の上、
メール(event@5baimidori.com)でお知らせください。

・お名前
・所属
・メールアドレス
・電話番号

IMG_3659s.jpg

場所は平塚市内の田園地帯。
地元のみなさんにも支えられて、製作態勢も整いました。
街に届ける緑を、ここから新たに生み出してゆきます。

image0.jpeg

image1.jpeg

IMG_2139.jpg

夏季休業のお知らせ

5×緑は8月5日(水)~8月16日(日)まで夏季休業となります。

期間中にいただいたお問合わせやご注文につきましては、8月17日以降、
順次対応させていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

5×緑 スタッフ一同

田瀬理夫さん設計のアクロス福岡の建築緑化がネットで話題になっている、とお知らせいただきました。

スクショ.jpg


話題になっていることがさらにニュースに。

https://yukawanet.com/archives/acrosfukuoka20200714.html/amp

アクロス福岡が竣工して25年。
樹木の成長を見込んだ植栽は、竣工当初はコンクリートが目立ち、批判されたとも聞いています。
社会的な評価が変わったのは、緑が成長した5年後頃からだったと記憶しています。
それからさらに20年。一般の方々の話題の的に。
大抵の建築は、完成当初に話題が集まるものだと思います。
歳を経るほどに価値の高まる建築。社会性を増す建築。
アクロスは、最初からそのような時間の蓄積までもデザインされていたように思います。

栃木の里山の管理の応援をさせていただいている馬頭里山本舗さんから、活動のお便りが届きました。
今回は、森の草刈りを行ったとのこと。
「草には自粛がないようで、何時も通り大変です。」と、ユーモラスなコメントも。

夏至を過ぎ、里山の緑も日に日に深くなります。

001.jpg
                ⇩
003.jpg
                ⇩
002.jpg

004.jpg
                ⇩
006.jpg
                ⇩
005.jpg

ページの先頭へ戻る