恵比寿日和

初候

  第ニ十五侯「蜥蜴生まれ出る」

  近所の公園で、食べごろの桑の実がたわわに実っていました。

  子どもの頃、下校途中に友達とよく食べたことを思い出して懐かしい気分に。
  今の子は桑の実を食べた事あるのかしら。

  101243458_2923711047747076_4948313202761924608_o.jpg


次候

  第二十六侯「草の中から蛍生じる」

  ユニットの木々を掻き分け掻き分け、1mほど伸ばして花を咲かせたオカトラノオ。
  誇らしげに咲いています。

  104101985_2935361306582050_947343779719117959_n.jpg

  103658092_2935361326582048_1100349108991518725_n.jpg

  第二十七侯「梅の実黄ばむ」

  梅雨のこの時期は剪定のシーズンでもあります。
  今日は品川の「ベランダ森」をお手入れ。
  お隣りのマンションの目隠しに置いた里山ユニットも、4年目を向かえ、
  こんもりとしてきました。

  剪定枝は、束ねて生けるとお部屋の中が、涼やかになります。

  104485142_2950250821759765_7576765334327312860_n.jpg

  104408493_2950250928426421_1189347974012994046_n.jpg

  102559949_2950250958426418_3055206131005422914_n.jpg

  102666331_2950250838426430_4567725347877149506_n.jpg

初候

  第ニ十ニ侯「繭起きて桑を食む」

  合羽坂テラスの里山ユニットのウツギも見頃になりました。

  97138356_2887287734722741_8183149494842425344_o.jpg

  97817963_2887287854722729_8961017146444349440_o.jpg


次候

  第二十三侯「紅花盛んに咲く」

  初夏、テイカカズラが満開です。

  101000586_2900255193425995_8485132227426910208_n.jpg

  101003680_2900255213425993_2009565973178220544_n.jpg

  99012804_2900255286759319_5470191891465109504_n.jpg


末候

  第二十四侯「麦の穂みのる」

  雨もよいの日が多くなってきましたね。
  一雨ごとに緑が深くなる季節です。

  出がけにふと足元を見ると紫陽花が。
  大輪でないけれど、他の植物たちと押し合いへし合いしながらとても健気。

  微笑ましい気持ちで出勤。

  101543197_2917603361691178_7199896790613622784_n.jpg

初候

  第十九侯「蛙鳴き始める」

  2階から窓の外を眺めていたら、
  クヌギやコナラの木の下で咲く
  キンランを見つけました。
  慌てて降りてみると、
  ギンランやホンチャクソウも。
  こんなに近くに咲いていたなんて、
  今まで、気づきませんでした。

  96091486_2850034071781441_7861957894688735232_o.jpg

  95597052_2850034258448089_705013173626863616_o.jpg

  95699749_2850034308448084_3252681559072833536_o.jpg


次候

  第二十侯「蚯蚓、地上に這い上がる」

  秋には橙色の実や赤く綺麗な紅葉を見せるニシキギ、花はあまり目立たない黄緑色。

  96751995_2863310513787130_8210708650713415680_n.jpg


末候 

  第二十一侯「筍生じる」

  自宅にこもっている間にガマズミが満開です!

  レースのような花。秋の真っ赤な実も可愛らしく、果実酒にも使われます。

  99132008_2882836335167881_7371948172559515648_n.jpg

初候

  第十六侯「葦の芽、伸び始める」

  今日はまた雨。
  昨日は大雨のあとの気持ちの良い晴天。
  あまりの気持ちよさに、
  ベランダから写してみました。

  93356876_2814026302048885_3335998122114416640_o.jpg


次候

  第十七侯「霜やみ苗が育ち始める」

  合羽坂テラスの花々。
  こんな時だからこそ、変わらない自然の摂理に癒されます

  95127193_2826574674127381_1911761832612200448_n.jpg


末候

  第十八侯「牡丹の花が咲く」

  ベランダの里山ユニットの緑がもりもりしてきました(嬉

  Stay Homeのゴールデンウィーク。
  「もりもり」とか、「元気 」とか、いいなぁ、と眺めています。

  若葉が萌えて重なる様子を「結び葉」といいます。
  小さな葉と葉が仲良く手を結んでいる様子から、こんな言葉が生まれました。
  私たちも手を携えて、今しばらく!

  95887456_2839281399523375_180646642297339904_n.jpg

初候

  第十三候「燕来る」

  二十四候では「清明」
  寒さもすっかりやわらいで、
  様々な花が咲き乱れ、
  万物がすがすがしく美しい季節。という。「清明」、美しい言葉ですね。

  外出自粛という状況のなか、
  少しばかりうちの近所の春をおすそわけ。

  92066998_2780856095365906_8970785237810282496_o.jpg

  92409406_2780855892032593_4204553179242692608_o.jpg

  91894573_2780855938699255_1560194295300882432_o.jpg

  92244078_2780856082032574_7776391155331104768_o.jpg

  91919113_2780855815365934_875500599066492928_o.jpg

  92210387_2780855975365918_5937003936882884608_o.jpg

  91805611_2780856032032579_6055165728510705664_o.jpg


次候

  第十四候「雁、北へ帰る」

  夜ふと空を見上げると、月と桜が綺麗でした。
  今年も合羽坂テラスの里桜「一葉」が満開です。

  92467607_2789942074457308_10519199541624832_n.jpg

  93100178_2789942094457306_6712282169881919488_n.jpg

  92543854_2789942131123969_8105670707184140288_n.jpg


末候

  第十五侯「はじめて虹がみえる」

  今年の桜くらい花が綺麗に見えたことはない、そんなメッセージを添えてメールマガジンを
  お届けしましたら、何人もの方が身近な桜の写真を送ってくださいました。

  前候でご紹介した、オフィスの前庭の里桜が、ちらりほらりと散りはじめました。

  散る桜残る桜も散る桜

  草木が生命の摂理を教えてくれているようにも思えます。
  一日も早く世の中を降りこめる雨があがって、虹がでますように。

  93173436_2800935893357926_2328552210704629760_n.jpg

初候

  第十侯「雀、巣作りを始める」

  春が来ました。

  90254066_2750750201709829_1700226077579804672_o.jpg

  90137390_2750750858376430_5476844928950599680_o.jpg


次候

  第十一侯「桜咲き始める」

  昨年「5×緑の学校」で講師をお願いした山本紀久さんと君津で花逍遥。
  暖冬の今年は開花が早く、桜が満開で綺麗でした。

  「桜は遠く、梅は近く」と、鑑賞の仕方を教えてくださったのは、山本さんですが、
  ヤマザクラの古木は、黒々とした幹や枝と赤い若葉、そして花のつくる姿形が見事です。

  よく知られているようにソメイヨシノは江戸後期にできた園芸種。
  花が散ってから葉が展開します。
  野生種で昔から山々を彩ってきたヤマザクラは、花と葉が一緒に出ます。
  そういえば、日本画の桜の多くは花と葉が描かれていますね。

  90545389_2759416357509880_3466622135013736448_n.jpg


末候

  第十二候「雷が鳴り始める」

  里山ユニットがうちに来て3度目の春。
  3月の初め、春の訪れと共に咲くピンクの花、ウグイスカグラ。
  葉が出る前に咲いてた花が、今年は葉だけが繁っていく。。数日経ってひとつ、
  ふたつとピンクの蕾がふくらんで、咲いてくれました。
  やっとうちにも春が訪れました。

  91666089_2770883036363212_4182117305175506944_n.jpg

国内の養蜂家が飼育しているミツバチの98.9%がチヂレバネウィルスなどの感染症に罹患していることが日本養蜂協会の調査でわかったのだそうです。
その養蜂家の方は「自然界では考えられないほどの密度で巣箱を密集させ、病気にならないよう予め抗生物質を与え、単一の植物を採蜜させる、そんな効率重視の養蜂を続けた結果です」と語り、現下のコロナ禍と重なって見えて仕方がないとおっしゃっていました。

チヂレバネウィルスに感染した蜂は、羽が縮れて働けず、やがて巣箱で形成されていた蜂社会は崩壊するのだそうです。

そんなお話を聞いた直後に、協生農法を研究されているソニーCSLの船橋真俊さんのこんな投稿に出会いました。
5×緑では、協生農法の都市での実験を少しだけお手伝いしたことがあり、この考え方に関心を寄せていましたが、農業を通した文明論にますます興味が湧きます。

「表土とウィルス」と題された論考です。
「COVID-19が生まれてきた理由に見え隠れする文明と自然を再び寄り合わせる鍵」をみつけることができるかもしれません。

https://synecoculture.org/blog/?p=2640

P3070283-890x500.jpgのサムネイル画像
写真はSyneco blog

初候

第七侯「土の中の虫、戸をひらく」

3月を迎え里山ユニットづくりに
よい季節になりました。
今日は里山ユニットの圃場にきました。

7-1.jpg

7-2.jpg

次候

第八候「桃の花ほころぶ」

ツワブキの綿毛
新芽が膨らみ始めた合羽坂テラス、ふと傍でツワブキの花のあとの綿毛が、今にも種を飛ばそうとしているようでした。

8-1.jpg

8-2.jpg

末候

第九侯 菜虫、蝶と化す

いよいよ春も本番の気配。
一月の「第六十九侯 雉、鳴く」の侯で、「冬芽に春の萌しをみつけるのが、この時期の楽しみです」とご紹介したクロモジの冬芽(写真左)も、今は花芽が開いてこんなです。

9.jpg

初候

第四侯「土脈潤い起こる」

「つちのしょううるおいおこる」
春の雨が大地を潤い始める頃。
日当たりのよい畑の土手には、
一面オオイヌノフグリの可愛らしい花が咲いていました。

4.jpg


次候

第五候「霞始めてたなびく」

この暖かさで草木が急に動き出しています。
虫も啓蟄を待たずに動き出しています。
暖かさに誘われて散歩をしてると、足元にはハコベとコスミレが咲いていました。

5.jpg


末候

第六侯 草木萌え動る

今年は本当に春が早いことを実感。 

下北沢の街中におかれた里山ユニットにシャガの花をみつけました。
いつもは5月くらいに花を見る事が多いのですが。
ユキヤナギも開花して、駅前の雑踏に一早く春の到来を告げています。

6-1.jpg

6-2.jpg

6-3.jpg

初候

第一侯「東風(こち)、氷を解く」

合羽坂テラスの庭にも春が。。。
今日は立春です。

1.jpg


次候

第ニ候「うぐいす鳴く」

ナツグミの冬芽、まだぎゅっと口を結んでいますが、春はすぐそこ!うぐいすがご近所のお庭にやって来て、冬芽がほころび若葉になる日も近そうです。

2.jpg


末候

第三侯 魚氷に上る

里山ユニットのなかの春隣。
蕗の薹、緑の袖で顔を隠すようにして愛らしいこと。

3.jpg

ページの先頭へ戻る