ページ本文へ
5×緑ホーム恵比寿日和 > 2017年2月

2017年2月の記事

早池峰神楽

2017-02-22 (Wed)

旧暦正月、新月の夜。

遠野のクィーンズメドゥ カントリーハウス(QMCH) に平倉の神楽衆を招いて、早池峰神楽を舞ってもらいました。 

鶏舞(とりまい)に始まり、松の迎え、諷誦舞(ふうしょうまい)、権現舞の四演目。

松の迎えは正月にしか舞われない珍しい神楽。権現舞は五穀豊穣、無病息災を叶える舞と言われています。

kagura_3.jpg

荒舞の中でも最も激しい踊りと言われる諷誦舞は、まさに荒ぶる神が降臨したかのようで、圧巻でした。

kagura_9.jpg

権現舞の獅子頭に頭を感でもらって無病息災。
神楽によって人も場も払い清められ、誠に酉年の新年にふさわしいめでたさでした。

kagura_5.jpg

平倉の神楽舞は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている花巻 大迫の早池峰神楽、 岳(たけ)の流れを汲んで、地元の方々の努力で再興された、と聞きました。
今では遠野郷一の神楽衆と言われています。

QMCHのリビングが舞台に。
外は深い闇。
暖炉の火に神楽の幕が浮かび上がります。

kagura_1.jpg




太鼓も笛もその場で奏でられます。
太鼓の孝二さんはおじいさまが、笛の新一さんはお父さまが、その役だったので受け継いだのだそうです。

kagura_2.jpg

舞の後は簡単な酒席に。
先ほどまで「荒ぶる神」だった諷誦舞の青年は仮面を取ると、少しシャイなおとなしやかな青年で、そのギャップがまた微笑ましい。
酒席の〆の謡も堂に入り、何から何までかっこいい、のでした。

kagura_17.jpg

※写真は清水敬示さん撮影

ブログ印_MIY.jpg




スノーシューは楽し

2017-02-13 (Mon)

1月末。
白銀の遠野、クィーンズメドゥ カントリーハウス。
スノーシューを付けて散歩。

輝くような雪原の向こうに広がる雑木林も、樹間の馬たちも美しく、開放感に浸る。

雪の上にはたくさんの動物たちの足跡。
夜は彼らの跋扈する世界。
しばしその世界で遊ばせてもらえることに感謝!

IMG_3173.JPG
IMG_3163.JPG
IMG_3155.JPG

カテゴリー別記事
  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • カテゴリー3