ページ本文へ
5×緑ホーム恵比寿日和 > 2013年1月

2013年1月の記事

エッセイ 「さらば、いとしきお正月」

2013-01-25 (Fri)

東急沿線で配られるフリーマガジンSALUSに、楽しみにしている連載エッセイがある。

コピーライターの岩崎俊一さんの「大人の迷子たち」。

TVを見ていて、何かのフレーズが心にとまるということはほとんどないのだけれど、ミツカンの「やがて、いのちに変わるもの」というコピーは気になっていた。

岩崎さんがその作者だと知って「なるほど」と納得がいく気がしている。

表題の「さらば、いとしきお正月」は今月号のタイトルである。

岩崎さんは年末ふと、「お正月」という歌が絶滅種に分類されかねないと思った。それは、凧やコマで遊ぶ子供がいなくなったことを指しているのではなく、「早く来い来いお正月」のフレーズだという。

小さいころの岩崎さんにとって、「日頃めったに会えない大好きないとこたちと、おいしいものを食べ、心ゆくまで遊べる一日は、まぎれもなくタカラモノだった」。

「今は、楽しみが日常的に用意され、会うため、声を聴くための通信や交通手段も格段に進歩し、祭りや正月に凝縮されていた子どもの楽しみは、拡散し、薄められた。そんな子供たちが『早く来い来い』と声を揃えて歌うことはないだろう」と。だから絶滅危惧種。

エッセイでは、大人になってからの岩崎さんの正月も語られている。

岩崎さんには、心臓の病で倒れ不自由な身体で、帰省する息子を待ちわびているお母さまがいた。「玄関の外で僕たちを待ち受け、見つけた瞬間の母の歓喜を、今もありありと思い出す」と書いている。

30歳で母を亡くすその年まで、母の元へ帰る、それが岩崎さんにとってのお正月だったのだろう。

「僕の帰省への報酬は、その瞬間を見るだけで十分だった。その姿を見るだけで、仕事の場でいまだ明快に求められることのない僕という存在を、今確かに必要としてくれる人がいる。そう思えるのだった。そしてその思いは、また始まる苦難の一年に立ち向かう勇気を与えてくれた。」

私も大人になって気づいた。生まれてからずっと無条件に、無償で、惜しみなく「あなたは大切な人だ」とメッセージし続けてくれた人がここにいると。

「あなたは大切な人」と受け入れられることで生きていくことができるのが、人の本性であってみれば、それはかけがえのない存在だった。

社会の中で悩み、もがき、時に疎外感の中で孤立し、そんな体験を積み重ねれば積み重ねるほど、その存在の大切さを思い知る。

ただ「私」を待ちわびてくれる人がいる。そのことの尊さを思わずにはいられない。

この秋に母が逝き、今朝は友人から大切な家族を亡くしたと知らせが届いた。

今夜は、子どもの頃焦がれるように待ちわびたお正月や夏休みの輝きとともに、失ってしまったいくつものタカラモノの欠片を拾い集めてみようと思う。

  ブログ印_MIY-thumb-20x20-535-thumb-320x320-536-thumb-autoxauto-811-thumb-autoxauto-874-thumb-autoxauto-937-thumb-autoxauto-965-thumb-240x240-1088-thumb-autoxauto-2417-thumb-240x240-2418.jpg

雪うさぎ

2013-01-24 (Thu)

1月には珍しく大雪の降った翌朝の東京。

雪は大変だけれども、あちらこちらに雪だるまや雪うさぎが出現していて微笑ましかった。

 

写真は和菓子の雪うさぎ。

日本のお菓子は季節感があって、それがまた楽しい。

ブログ印_MIY-thumb-20x20-535-thumb-320x320-536-thumb-autoxauto-811-thumb-autoxauto-874-thumb-autoxauto-937-thumb-autoxauto-965-thumb-240x240-1088-thumb-autoxauto-2417-thumb-240x240-2418.jpg

 

 

__.JPG

秋の忘れ物

2013-01-15 (Tue)

お隣の柿の木に、いつまでも残っている実がひとつ。

冬の日差しを浴びてそこだけ朱色く、秋の忘れ物のようです。
ブログ印_MIY-thumb-20x20-535-thumb-320x320-536-thumb-autoxauto-811-thumb-autoxauto-874-thumb-autoxauto-937-thumb-autoxauto-965-thumb-240x240-1088-thumb-autoxauto-2417-thumb-240x240-2418.jpg

黒瓦に残柿の朱色が映えて
PC241674.JPG

鳥がつついたのでしょう。実の半分はなくなっていました
PC241676.JPG

遠野の鏡餅

2013-01-10 (Thu)

遠野のクィーンズメドゥカントリーハウスから昨年「お餅はいりませんか」と案内をいただきました。
中に鏡餅があったので、お正月用に送ってもらいました。
https://www.facebook.com/queensmeadowcountryhouse/timeline

昔は実家でも三宝に鏡餅を載せて座敷に飾ったものでしたが、いつのまにかそんな習慣も忘れていました。
今年は久々に鏡餅のお飾りでお正月を迎えました。
少しあらたまった気持ちになりました。

やはり遠野から送っていただいた紅白の豆をお供えにしました。
PC301684.JPG

紅白の豆に御神酒に松。。。手近に手に入るもので神棚に。
P1041710.JPG

三が日明け、お供えの小豆でおしるこにしました
P1061721.JPG
ブログ印_MIY-thumb-20x20-535-thumb-320x320-536-thumb-autoxauto-811-thumb-autoxauto-874-thumb-autoxauto-937-thumb-autoxauto-965-thumb-240x240-1088-thumb-autoxauto-2417-thumb-240x240-2418.jpg

カテゴリー別記事
  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • カテゴリー3