ページ本文へ
5×緑ホーム恵比寿日和 > 2010年1月

2010年1月の記事

ルイス・バラカン邸展

2010-01-27 (Wed)

句友「人魚さん」のおススメで、青山のワタリウムに「バラカン」展を見に行った。

昨年の9月から5カ月以上もの長期間、ここで開かれていたということ。

その間、何度となくこのあたりをうろうろしていたにもかかわらず、

その展覧会の存在を知ったのが、展覧会最終日の一日前。

ということで、何はさておき、最終日の日曜日に、会場に向かった。

 

何か、スイーツのショップでもできたのかな~と思っていると、

この展覧会を一目見ようという人々の列だった。

20分ほど待って、会場に入ると、これまた、大勢でごった返していた。

この展覧会は、ワタリウムの方が遺族の方への情熱的な働きかけで実現した

貴重な展覧会だったという。

妹島和世、西沢立衛両氏によって、美術館内部に再構成された「バラカン邸」は、

中庭とリビング(リビング続きの庭というべきか)、フロアはまたがっても、

書斎もベットルームも食卓も、一連の空気感の中で途切れることなくつながっている。

白い開き窓から漏れる十字の光は、くらがりの深いやすらぎを与えてくれる。

中庭の植物もダークなグリーンの色合いが神秘的で落ち着く。

壁の色彩のピンクも明るいのに、不思議にシックな印象だった。

 

シンプルでありながら簡素でなく、控え目だけど饒舌というのだろうか。

意志のある小さな住宅とは、なんて豊かなのだろうと思い知らされた。

大きなフラットな会場でなく、小さなニュアンスのあるギャラリーだからこそ味わえるしあわせ。

この企画を実現させた、ワタリウムの方の思いに触れたような気持がして、気分よく会場を後にした。

 

 

ブログ印_TAK.jpgのサムネール画像 

   

 

最終日の行列にびっくり!

 

100124_Luis Barragan.jpg 

 

春迎え

2010-01-25 (Mon)

一年で一番寒いといわれる大寒の日。
今年は、一月の二十日でしたが、思わぬ暖かさで水ぬるむ大寒となりました。

この頃になると庭の木の冬芽が気になります。
厳しい寒さの中、シンと静まりかえったようにみえていた樹々の枝先にふくらむ冬芽をみつけて嬉しかったのを覚えています。
こんなことも小さな庭を持つようになってからのささやかな喜びのひとつです。

どんなに寒い冬でも、植物たちの中では春の準備が進んでいます。
その着実で確かな営みに心を動かされるのです。

新しい年が明け、季節はやがて立春へ ― 。

三寒四温。春はもうそこまできています。 

ブログ印_MIY.jpgのサムネール画像

 

R0016521_sannsyuyu.JPG      R0016489_kuromoji.JPG

カテゴリー別記事
  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • カテゴリー3