ページ本文へ
5×緑ホーム5×緑の緑化 > 季節の移ろい - 里山ユニット 四季の楽しみ

里山ユニット 四季の楽しみ

 

暮らしの中の小さな里山

 

里山ユニットの楽しみは、何といっても季節の移ろいを身近に感じられること。

常緑樹中心のユニットは冬も緑を見て楽しませてくれますが、落葉種の多いユニットは、冬は見るかげもなく、

枯れ枝ばかりになってしまいます。

それだけに、春3月、若葉が芽を吹いたときの驚きと喜びは格別のもの。
気がつかないうちに、緑はどんどん広がって、花芽をつけ、蕾がふくらみ、花を咲かせます。

ほんの1ヵ月程の劇的な変化はドラマチック。
自然の営みが「ここにある」ことを感じます。


「いつの間にか蕾がついてる!」
「この雨で花も終わりだナ・・・」
「いつの間にこんな枝が伸びたの!?」


物言わぬ植物ですが、暮らしの中にちょっとした驚きをもたらせてくれます。


そんなこんなの草木との語らいやささやかな発見の喜びが、日々の暮らしの豊かさというものかも。
そして、時には、都会で懸命に生きる植物たちの姿に、生命をつなぐことの大切さを教えられたり・・・。

 

ここにあげた写真は、5×緑スタッフの家やオフィスにある里山ユニットの季節ごとの様子を撮影したものです。

 

 

 

春3月

里山ユニットがドラマチックに変わる月

 

 
  オッ・・・今年も新芽が・・・・ 日ごとに緑がふくらんで

 

 

4月から5月へ

里山ユニットの一番きれいな季節


 

 
  春を告げる馬酔木の花  しみじみ・・・ やった!今年はクサボケが満開 クサボケに続いてツツジの花も

 

 

梅雨を経て夏へ

緑がどんどん勢いを増す


 

 
       

 

 

秋から冬へ

実がなり紅葉し、やがて・・・


 

 
       

 

 

厳冬の季節

里山ユニットも冬景色

 

 
 

落葉の多いものは、侘びた風情・・・。
「ホントに生きてるの??」と心配に
なるのもこの季節

常緑の多いユニットはそうでもない・・・

 

 

里山ユニットの詳細はこちら
季節変化のページ

 

ページトップ
このウィンドウを閉じる